読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

自制心を失った大人たちの動物園。

 

性的嗜好を抑えきれない大人たちが跋扈する世界は、動物園の猿山と大差ないように思える。

 

 

www.news24.jp

 

証言通りならこの男性は車両を変更した女性を追いかけてまで、手を握ったらしい。

 

死人に口無しで、今となっては真実は分からないけど、やっているなら、バレても責任とれよって思う。

女性に嫌な思いをさせてまで、自分の欲求を満たしにいったんだから、罪を償うことが筋ってもんじゃないんでしょうか。

 

これが冤罪で逃げたなら、痴漢の問題はもっと見直されるべきだ。けれども真実が判断できない今、外野がどうのこうの言うのもお門違いだろう。

 

今日考えたいのは、上述した事件のような、自制心を持てない大人たちのこと。

欲に対して適切な距離感を測れなくなった、哀れな大人たちのことだ。

 

nikkan-spa.jp

 

真実のほどは定かではないから、話半分くらいにして読むのがいいんだろうけど、それにしたって笑っちゃうような実態だ。ほんとに開いた口が塞がらない。

 

告発者とその周辺の人間には、子どもがそのまま大人になってしまったような感じを受ける。

排泄したいからする。お腹が減ったからご飯を食べるくらいの感覚で、このロリコン教師たちは業務と並行して自分の性的欲求を満たしているのだろう。性癖云々に対してではなく、飄々と事実を述べる感じに反吐が出る。周りもやってるからいいでしょに近い、責任を自覚していない態度が不気味だ。

 

道徳性や、自制心が欠落した人たちは人と言うより、獣に近い。

自分が当事者になることはないから、檻の中で獣たちが、身内のノリで騒いでいるような感覚すら受ける。一般公開になってくれれば、観覧者もスッキリするのに。必殺仕事人的な感じで。

 

先生になってから、自分の性的嗜好に気づき、苦労して生活している話も聞いたことがあるが、性的欲求を満たすために自ら教職を志望しているこのサルたちはタチが悪い。

言い方悪いけど、テストの答案で自慰行為とか、それで勃つのがすごい。その熱いリビドーを他に回すことはできなかったのか。こうした人達が教職員の枠をとるために、もっと世間で評価されるべき熱意をもった人たちが先生になれないのも歯がゆい実態だ。

どこの切り口で見ても、自制心を欠いた彼らの論理に納得できる部分がない。

 

まぁでも、性癖の目覚めに関しては本人ではどうしようもないところがあるから、責められはしない。

けれど、それを自制できず、欲を膨らませていく大人に世間の大半は大事な子どもを預けたいとは思わないだろう。

 

社会に対する責任を負うことが、地位や財力のと引き換えにしなければならないものであるはずなのに、その責任を自覚しながら放棄した彼らがいつか痛い目を見てくれないかと祈ってしまう。

 

引用記事の結びにもなっていたが、こういった内部告発や、実際に逮捕された事件を見て、1部の変態教師と言われるサルたちが、己の行いを顧みるきっかけになれたらいいんだけども。

 

見てるんだけど、伝えられない実態にあるもどかしさを、スルーできる強さはどうしたら形成されるのか。小学校に戻って先生に教わりたい。

 

 

では、また。

 

 

 

広告を非表示にする