読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドストエフスキーを読んだと嘘をついた。

だから意見、お貸しします。

いきものがかりアレルギー

 

13日の母の日を終え、どうにか、世間のしょっぱさから抜け出せたような、そんな5月の3週目。

不文律となった家族を、母を大切にするという感情。それが余計なお世話だって人も一定数はいると思うんですよ。無条件に右に倣えのイベントには違和感がある。

 

日本人として生活してると感じる不文律の気持ち悪さは、結構引っかかることが多い。

卒業ソングで感動しましょうとか、いきものがかりの『ありがとう』は名曲だからとか、辛い時は応援ソング聴けば元気になるとか、会話中は空気を読みきらないと発言しちゃいけないとか、24時間テレビのお涙頂戴は泣けて当たり前とか。

家族は無条件に大切にしましょうもそうだけど、余計なお世話だよって感じることもある。

そうじゃない場合は見ないことにする、汚いものには蓋をの考え方はこういった、良し悪しに関わる不文律の中にも多く見受けられる。

 

ファンの方いらっしゃったら申し訳ないんだけど、『ありがとう』の気持ち悪さ、余計なお世話感は尋常じゃない。体が痒くなる。大事な場面でいい曲だから~と、BGMにするテレビを見ると一気に萎えるし、感謝の意を示すために歌いましょうとかやってんの寒くて仕方がない。全体的に薄っぺらい。

 

全曲通じてメロディーに乗ってる言葉選びが、すべからく道徳の教科書くさい。

ドリカムの希望に対して拒否反応示す「ドリカムアレルギー」が共感を集めていたが、いきものがかりの役所が作ったような道徳っぷりにもアレルギー反応示しちゃう人いるんじゃないだろうか。

 

今日はそんな「いきものがかりアレルギー」を考えたい

 

ケンカした日も 泣きあった日も それぞれ彩咲かせて

真っ白なこころに 描かれた未来を まだ書き足していくんだ

いきものがかり ありがとう 

http://j-lyric.net/artist/a04c814/l02055d.html

 

万人が想像する男女間の生活といえば生活で、そういった幅広さが受け入れられ、売れた理由なのかもとは思うんですけど、いい曲だから、と半ば押し付けられる形で名曲とされた『ありがとう』を含め、彼ら?彼女ら?の曲は、見栄えのいい愛だけを切り取り、人間味がないというか、俗っぽさを含んだ広く一般的な愛が見えてこない。

 

体裁のいい愛に肉体的感情はいっさいなく、生物が抱く自然な愛というよりかは、美化された愛のみが描かれているところに、この寒さとむず痒さがあるのではないだろうか。

アオハライド』ですらもう少し、感情に起因する愛に近いものが描かれている。

ショーケースの中の世界的な、愛の売り物っぽさがすごい。ここに不文律とされた愛の形が見え隠れして痛々しい。

聖人だけですよこんな恋愛の形式を大事にしてるの。

 

こうあるべきでしょ。という男女間における定義は残念ながら、高尚な想像だけのものであって、欲には蓋をしたんだなと感じてしまう。

 

”ありがとう”って伝えたくて あなたを見つめるけど

繋がれた右手が まっすぐな想いを 不器用に伝えている

いつまでも ただ いつまでも あなたと笑っていたいから

信じたこの道を 確かめていくように 今ゆっくりと歩いていこう

いきものがかり ありがとう 

 

引用するために歌詞見て打ち込んでると、綺麗すぎてだんだん難癖つけてる自分が、ひどく汚れた人間に思えてくる。彼らがよく言う歌の力ってやつですねこれが。

とにかくキレイで純真無垢。無菌室みたい。人間が生存できない無条件なキレイさと恋愛が重ねられていて、蕁麻疹でてきそう。

 

広義の意味では万人ウケしそうなんだけど、それって右に倣えじゃないですか?

全体的にさらっとすくっているから、自分も曲に共感できているような感じになっているだけではないですか。

 

鳴り止まぬ 愛をさけぶよ すべてを抱いて ここにいるんだ ひかりはそこにあるよ 

ゆずれない 思いを架けて 希望の果てを 僕は生きるよ 夢をつないだ 君と

いきものがかり 熱情のスペクトラム

http://j-lyric.net/artist/a04c814/l033229.html

 

概念てきなものを歌っているからあまり違和感を感じないけれど、鳴り止まぬ愛はやっぱり光と隣り合わせ。

絶対に昼ドラ的な側面は考慮しないという姿勢には感服いたす。

ただただ、まぶしい愛は想像の中だけのもので、具体的な事例があまり見えてこない。

希望とか、夢とか、愛とか、漠然とした言葉だけで進める話の中に、日本人の不文律が見え隠れしている。

 

ここにまたアレルギーを感じる。

J-POPは翼広げて夢を掴みがちって言われてるけど、夢・希望・愛も似たようなもので、説明を付け加えなくても、それだけで受け手が勝手に想像できてしまうから、こうあるべきだよねという、道徳的な実態だけが残ってしまう。

 

 

指切りした約束を今もふたり抱きしめて

確かに追い続けてく その手を離しはしない

いきものがかり 青春ライン 

http://j-lyric.net/artist/a04c814/l00b03d.html

 

君と僕との世界の中だけで、絶対に話が動く。

実際にそんな経験したことある人のほうが少ないだろう。

けれど、高校生の部活の夢はマネージャーと約束で追いかけるてきな、一般的な想像を常に背景に浮かべられるから、教科書通りに歌詞が展開されても、わけわかんなくなることがない。

 

だからむず痒い。青春とはこうあるべき。みたいな不文律に基づいているから、常に具体性がなく、残った道徳的な実態にアレルギー反応を示してしまう。

授業のたびに配られる、あの道徳の教科書的な綺麗さだけが歌われるから、連続で聞くと胸焼けがおきる。

 

うんざりするような綺麗事だけが、上っ面を縫って歌われていることに僕は「いきものがかりアレルギー」の本質があるように思えます。

多様性が叫ばれる日本で、希望に向かって二人で寄り添っていくことこそが愛なのだと歌ったこの歌が、名曲になるのも不思議な話ですよね。

 

詳しい説明をしないから、歌われる愛や希望は薄っぺらく、こうあるべきだよねと暗黙の了解を伝えてくる歌詞に、むず痒さと気持ち悪さを感じるのです。

 

 

 

では、また。

珍事件と見るか怪事件と見るか。

 

先日ブラジルで、

 

 

japan.techinsight.jp

 

一般人の感性からすると、理解するのが難しい感情による殺人事件がありました。

 

某お気楽YouTuberへのストーカー行為もそうなんですけど、思い込みって非常に怖いものですよね。

カミュの『異邦人』が分かりやすく描き出しているように、認識が世間とずれていくというのは恐ろしいもので、対象への認識が揺らいだままの行為は、正当性を欠くばかりでなく、自身の気づかないうちに、一般世界からの隔絶を引き起こすじゃないですか。

 

そういった事件はご多分にもれず、1回記事を読むだけでは内容がつかめなくて。「思わず2度見した」じゃないけれど、文章がスッと頭に入ってくるまで何度か読み返してしまう。え、引用した記事1回で分かりました?

 

事件が起きないと、業務が遂行できないので、ある意味事件がないよりかはありがたいんですけど、上述したブラジルの事件のように、説明しづらいものは作業に時間がかかって面倒くさい。一般人の僕でも行動原理がよく分かる簡単な事件だけ起きてほしい。

難解なものは、コナンと相棒の世界だけでいいです。

 

まったく興味のないブランドは最近のWEGOで、読者モデルと一般人の差異がさほど分からず、素人と一線を画したがるカットモデルをdisり、リンク先のFC2コンテンツマーケットに落胆し、賢者モードになるたび、品性のない黒ギャルをリンクから消し後日猛省する、「一般的な」僕は今日発見された遺体に関するニュースも思わず読み直してしまった。

 

www.news24.jp

 

読んでる過程で分かる人は分かったと思うんですけど、これです。

 

いや、あの、なんで冷蔵庫だったのかって話です。

空き家に入れば良かったんじゃないでしょうか。

 

ストレートニュースを編集として扱う時って、続報があるかないかが結構重要で、続報を素早く流せるように、一報目を使うか使わないかの吟味があるんですよ。一報は死体遺棄の側面しかなかったのに急に、大化けしてきました。見逃さなくてよかった。

 

先日のパン工場の事故も狭くて絶対怖いと述べましたが、これも、幅1.5mの高さ2mほどの冷蔵庫で、お世辞にも広いとは言えない。生活してて、怖くなかったんですかね。

 

バイトが中に入って写真撮るくらいの広さしかない冷蔵庫で、どうやって寝てたのだろう。中に入って自分で扉閉めるって絵面的にはちょっと可愛いですよね。

業務用とはいえ、バッグと衣服を置いたら狭いことが予想されるが、日中は何をしていたのだろうか。閉め切りじゃあついだろうし。

 

あ、だから冷蔵庫なのか。空き家に置いてあったのだから電源が入っていたとは思えないんですが。入ってたら入ってたで寒い中で生活してたんですよね。10℃下回ってても、生活できるもんなんですかね。

 

殺害されていたなら、容疑者の報道が大きくなるばかりで、こういった副次的な要因はあまり、重要視されないんですが、生活の実態となぜ冷蔵庫で暮らさなきゃ行けなかったのか、是非とも解明してほしいものです。

 

今はこんな、言い方悪いですけど、若干面白いものを見るような目で見てるじゃないですか。このニュースを。

けど、冷蔵庫に遺体を入れ、事態が明るみに出るまで使い続けた事件があったように、珍事件の様相を呈している今回の冷蔵庫事件も、事実が明らかになるたびに、少しづつ影が立ち込めてくると思うと恐ろしいですよね。

 

暑さを凌ぐ生活をしていたら、寒すぎて。なら、笑えないけど、笑えるじゃないですか。

急に犯人がいて、生活を強いられてて、用がすんだから消されたことが発覚。とか後味悪いですよ。

 

真実を知ることが必ずしも幸せを導くとは限らない。東野圭吾の作品にありがちな終わり方ですけど、ほんとにそうなる可能性をはらんでますよね。

 

認識が正しい行動云々と書きましたが、認識1つで、世界の見方ってすぐ変わるってことが事件が変貌していく過程を見てるとよくわかります。想像できる余地があるってことは、騒げる余白がある分まだ、幸せなことなのかもしれないですね。認識のうちに、自明の真実を突きつけられたら、逃げられないじゃないですか。

 

楽しめる内で実態の認識を止めることもまた、より良く人生を謳歌するための一つの術だと思います。

 

今、パートナーの電話に手を伸ばそうとしているあなたも、気をつけたほうがいいかもしれませんよ。

 

 

では、また。

お願いだから言わないで。

 

ネタバレって絶対許せないじゃないですか。

〇〇見た? 見たいんだよね。 あそこのシーンがさ。

 

いやいや、なんで言うのさ。

内容って1番大事じゃないですか。聞きたいんじゃなくて見たいんですよ僕は。

残念だけれど、内容分かってても見たい派とは相容れられない。先の展開知ってたら初見のハラハラ感とか半減するじゃないですか。

トーリーを追うだけじゃなくて、シーンごとのドキドキも一緒に味わいたいんですよ。

 

 

芸能関係のニュースを扱う日は、ネタバレ地獄に落ちてしまう。

 

イッテQでの発言に反響とか、ゴッドタンで食レポをバッサリとか、読みたくなくても記事を読まないと、業務を遂行できないので、どうしてもネタバレが避けられない。

 

地獄だ。

 

帰って見ようと思ってたのに、容赦なく内容を暴露される。

ただ発言を切り取っただけなら、まだいいんだけど、発言に至った経緯などを、事細かく書かれるともう番組を見る必要がなくなる。

 

こういった記事で芸能ニュースをチェックできてしまうのが悪い。

テレビ離れしたやつらが悪い。テレビ見ないのに、番組内容に興味は持ってるやつらが悪い。需要が膨れ上がったがために、離れたくない僕らもテレビ離れを余儀なくされる。

みんながテレビ見てくれれば、無情なネタバレをくらわずに済んだのに。

 

理不尽すぎる。

需要と供給の波に乗り切れないと、文字で番組を見たことにされる。

嫌なものは見なきゃいいじゃんが、できたらいいんだけど、できないから余計悔しい。

 

ネタバレに失望する人たちはみな、ネット内の記事に怯えていると僕は思うんですよ。

注意換気ないのに記事開いたら内容書いてあるって最悪じゃないですか。

書く側も配慮を。そう忖度を。

 

誰でも気軽に発言できるようになった今、ドラマの感想ですらネタバレの危機にある。

恋愛ドラマで私なら別の方選ぶのにな〜ですらネタバレだ。

三角関係の恋愛劇で、選ぶ相手を間接的に言われるくらいなら1話から見なかったのに。

 

 

コンタクトとか、イヤホンで、ミュートやブロック機能を現世界にも実装してほしい。

 

あなたの発言、ネタバレ含んでいませんか?

 

 

では、また。